かいごのかえるのお金の話し

貧乏介護士かえるがチマチマ節約してチマチマ投資をしていく話。

要約 漫画でわかるバフェット投資術

f:id:kaigonokaeru:20210925171139p:plain

お金になる読書 漫画でわかるバフェット投資術

こんにちは、かいごのかえる🐸です。

今回は勝手にかえるの投資の師匠と思っているウォーレン・バフェットの投資術が漫画で学べる「漫画でわかるバフェット投資術」を読んだのでサクッと紹介したいと思います。

 

 

漫画でわかるバフェット投資術

1.ウォーレン・バフェットの年譜

1930年 ネブラスカ州オマハに生まれる。

1931年 1歳 父が証券会社を設立。

1936年 6歳 チューインガムやコーラの訪問販売を始める。

1940年 10歳 使用済みのゴルフボールやポップコーンを売る。父とニューヨーク証券取引所に行く。

1941年 11歳 初めての株式投資でシティ・サービスを買う。

1943年 13歳 ワシントンポストなどの新聞配達を始める。

1947年 17歳 床屋でピンボールビジネスを始める。

1949年 19歳 ベンジャミン・グレアムの著書「賢明なる投資」に出会う。

1950年 20歳 ネブラスカ大学卒業 コロンビア大学ビジネススクール入学。保険会社ガイコを訪ねデービッドソンに出会う。ビジネススクールでグレアムの授業を受ける。

1954年 24歳 グレアムに誘われグレアムニューマン入社。

1956年 26歳 グレアムが役員を引退。グレアムニューマンを退社しオマハに帰郷。バフェット・アソシエイツを設立。

1964年 34歳 アメリカンエキスプレスの株を買う。この頃、フィッシャー理論に出会う。

1965年 35歳 バークシャーハサウェイの取締役会長に就任。

1972年 42歳 シーズ・キャンディーズ買収。マンガーとともにシーズの取締役に就任。

1973年 43歳 ワシントンポストの株を買う。

1974年 44歳 ワシントンポスト社外取締役に就任。

1976年 46歳 赤字になったガイコの立て直しに協力400万ドル投資。

1985年 55歳 バークシャーが繊維部門から撤退。

1987年 57歳 ソロモンブラザーズに7億ドル投資。

1991年 61歳 ソロモンの不正取引事件が発生。ソロモンの暫定CEOになり法律問題の改善に務める。

2011年 71歳 IBMの株を購入。

2016年 76歳 アップルの株を購入。

2020年 90歳 世界各地で新型コロナ発生。日本の五大商社の大株主になる。

 

2.バフェットの言葉

◇私は小さな雪玉をずいぶん若いころに転がし始めた。10年遅ければ、今の私はなかった

大事なのはゲームの先を行くこと。何も大がかりである必要はないが、ゲームの後をついていくよりはずっといいと、小さなことでも出来るだけ早く始めることの重要性を言っている。

◇私は76歳になった今でも、19歳の時に本で読んだ考えを実践しています。

ベンジャミン。グレアムの「賢明なる投資家」から定量分析を学び、バフェット自身の投資術を作り上げるにあたって大部分を成しているのはグレアムの考え方である。

◇まずまずの企業をすばらしい価格で買うより、すばらしい企業をまずまずの価格で買う方がいい

まずまずの企業をすばらしい価格で買うとはグレアムの「シケモク理論」のことで、すばらしい企業をまずまずの価格で買うとは投資家フィリップフィッシャーが提唱したフィッシャー理論である。企業の成長性に着目し、ブランド力やネームバリューを重視することである。

◇信用というものは打ち立てるのに20年かかるが、台無しにするのに5分もいらない

利益より信用第一で考える。企業が第一で考えるべきは利益を上げることではなく、顧客との約束を守り、自社の信用を傷つけないこと。

◇他人が貪欲になっているときは恐る恐る。周りが怖がっているときは貪欲に

バフェットは相場の流れに逆らって株を買う逆張りの投資家である。人気が低迷し、株価が低迷相場にあるときに買うという市況の裏を行く投資法である

 

3.投資での重要なこと

複利効果が重要

利益をさらに投資に回すことでさらなる利益を生む「複利効果」

例えば100万円の元本に5%の利回りだとして、増えた5万円を元本に組み込めば10年後には100万円が163万円、50年後には1147万円になる。

○投資で失敗しない教訓

買った時の株価にこだわらない。一時的な株価で一喜一憂しないで長期的な戦略に則った投資を心掛けるべき。

極力他人のお金で投資しない。借金や信用取引より現物取引を勧めている。

勝ち負けの理由を分析する。自分が失敗したときはその理由を分析する。

株価を売った場合はどうしてその株を売ったのか売買のタイミングが適切だったのか問い直してみる。

○バリュー投資

安く買って高く売る。割安かどうか財務分析を行い企業の本質的価値を見極める。当期利益で企業の安定性を評価。PERやPBRで割安度を見る。

当期利益は増加傾向が望ましい。営業CFが赤字なら除外する。

○投資の三原則
  • 企業の一部を買うつもりで株を買う
  • 安全マージンを意識して損をしない
  • 市場の変動に踊らされず、企業の収益性や成長性に注目する
○15の質問で企業の成長性を評価する
  1. 現在の製品・サービスで収益増は望めるか
  2. 新しい製品・サービスで収益増は望めるか
  3. 研究開発はされているか
  4. 独自ノウハウはあるか
  5. 優れた営業部門はあるか
  6. 長期的展望はあるか
  7. 売り上げ営業利益率は十分か
  8. 営業利益率を維持・改善しているか
  9. 適切なコスト分析・財務分析はされているか
  10. 労使関係は良好か
  11. 管理職の能力は引き出されているか
  12. 優秀な管理職は豊富か
  13. 経営者は悪いニュースも報告しているか
  14. 経営者は投資家に誠実か
  15. 増資のリスクはないか

 

○企業に関する指針で投資対象を絞る

事業内容が単純明快であること、安定した業績を誇っていること、今後も成長が期待できること。自分が理解できる事業に投資する。安定した企業はトラブルに強い。

ブランド力やネームバリューがある企業は強い。

 

○経営者に着目して企業を評価する
  • 合理的な資本配分をする。利益が出たときに配当金や自社株買いで経営に合わせた適切な分配ができる。
  • 積極的な情報開示を行う。良いニュースだけでなく、悪いニュースもありのまま報告する。
  • 他社の経営方針を真似しない。他社のやり方を真似したり、従来型の手法にこだわったりせず、独自の方針をとっている。

 

漫画でわかるバフェット投資術まとめ

  • 1.迷っている時間は無駄。投資は少額でも良いからすぐに始めるべき。
  • 2.よくわからない会社の株は買わない、自分が理解出来る会社の株しか買わない。
  • 3.ネームバリューがあったり、独自性のある会社に投資する。
  • 4.成長性のある会社を相場が悪い時にどかんと割安で買う。

 

というわけで、かいごのかえる🐸の投資法はそこそこ良いということがわかりました。

売り時だけだな、反省点は。

ユニティ売った過去の自分を殴りに行きたいです。

 

このブログ記事ではかなりざっくりとした紹介となっています。

 

実際の本ではより詳細にわかりやすく書いていますので、手に取ってみていただければと思います。

漫画だからわかりやすいですしね。

これから株に興味を持った方も、すでにベテランのトレーダーもぜひ読んでみてください。

 

以上かいごのかえる(@kaigonokaeru)でした。

🐸ケローン

 

Amazon売れ筋ランキング

Amazon新着ランキング

Amazon人気度ランキング

Amazon「投資」検索

Amazon「介護」検索

Amazon「介護士」検索